プロミスのレディースキャッシングってどんなサービス

プロミスにはフリーキャッシングや目的ローンといったキャッシングサービスに加えて、女性専用のローンであるレディースキャッシングというサービスの取り扱いがあります。レディースキャッシングの概要や特徴について確認していきましょう。

・貸付条件など

2018年2月20日時点で融資限度額は最高で500万円まで、実質年率は4.5%から17.8%となっています。貸付条件についてはフリーキャッシングと同等になっています。

・特徴

レディースキャッシングならではの特徴してしては女性オペレーターが対応してくれる専用ダイヤルが利用できることが挙げられます。同じ女性同士で気兼ねなくキャッシングについての相談や申込み手続きができるというメリットがあるのです。

プロミスは即日融資を利用しやすい

プロミスはとても即日融資が利用しやすいです。なぜプロミスは即日融資が利用しやすいかというと、審査が速いからです。審査は最短30分ぐらいで結果が出ます。最短30分で結果が出れば、銀行振込でお金を借りることができるようになりますので、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。

プロミスは銀行振込でお金を借りるということができます。銀行振込みなら自宅で手続きして振込してもらえるので外に出なくてもお金を借りることができます。そのため忙しい人にも大変便利となっています。

プロミスで振込キャッシングを利用するときは、ジャパンネット銀行の口座があると15時を過ぎてもすぐ振込してくれます。即日融資で借りたい人にはプロミスがおすすめです。

地方銀行のカードローンで最大規模と言われている横浜銀行カードローンのメリットは?

横浜など神奈川県に住んでいる人は大手の消費者金融より地方銀行の横浜銀行カードローンを利用する事が多いです。横浜銀行カードローンは地方銀行のカードローンで最大規模と言われていますが、実際にどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・最高金利が15%以下

消費者金融は最高金利が18%で設定されていて高金利と言われています。借り過ぎたり返済期間が長引いたりすると加算される利息も多くなってしまいます。しかし横浜銀行カードローンは最高金利が14.6%で設定されているので消費者金融と比較すると低金利です。最高金利が15%以下で設定されている点がメリットになります。

・限度額が高く設定されている

大手の消費者金融は限度額が最大で500万円から800万円までで設定されている事が多いです。しかし横浜銀行カードローンは限度額が最大で1000万円までとなっています。審査で年収を確認して限度額が提示されますが、限度額が高く設定されているとキャッシングの実績を積めば増額してもらえる事も可能なのでメリットになります。

横浜銀行カードローンはこのようなメリットがありますが、横浜銀行の口座を持っている事が条件となっています。また東京都や神奈川県などに在住している人、勤務している人など地域制限もあるのでしっかり確認しておきましょう。

カードローンの利用限度額について

カードローンに申し込んで審査に通ると、申込者一人一人に利用限度額が設定されます。これは、その消費者金融から借りることができる最大金額で、初めての申し込みでは10.~30万円程度となることが多いようです。

プロミスでは最大利用限度額500万円、アコムでは800万円となっていますが、誰もがそんな大金を借りられるわけではありません。

カードローンの利用限度額は、その人の年収や勤務状況(勤続年数や勤務先の規模等)によって決まりますが、初めての申し込みの場合はまだ信用度が低いため、利用限度額も低めに設定されます。また、50万円以上の借り入れには収入証明書が必要になり、即日融資が難しくなるため、最初から多額の借り入れを希望する人が少ないとう事情も反映されているようです。

また、総量規制という法律によって、消費者金融のカードローンでの借入金額は年収の3分の1までと決まっています。最大利用限度額の500万円を借りられるのは、1500万円以上の年収がある人、ということになります。

初回の利用限度額が低かったとしても、カードローンでは後日増額申込みが可能です。増額申込みにも審査があり、これまでの利用実績が重視されます。利用限度額の増額を希望する人は、現在借りているお金を送れずに返済し、信用度を上げることが大切です。

消費者金融の審査で確認する他社からの借入状況の可決基準

消費者金融は総量規制の対象になっているので審査で他社からの借入状況を確認します。

業者によって基準が違うので分からなくなってしまう人も少なくないでしょう。

そこで消費者金融の審査で他社からの借入状況の可決基準について見てく事にしましょう。

消費者金融の審査では基本的に他社からの借入件数が3件以下が可決の目安となっている事が多いです。

それで他社からの借入件数が3件以上あると無条件で審査に落ちてしまいます。

また他社からの借入件数が3件以下でも借入総額が多いと審査に落ちてしまいます。

アルバイトや派遣社員などは正社員より収入が少ないので他社借入件数が1件でもあると落ちてしまう可能性があります。

他社からの借り入れがあると審査で不利になる事が多いので消費者金融でキャッシングをする時は他社からの借り入れがない状態にしておくのが無難です。

カードローン無利息サービスを有効利用

金融業者毎に様々なカードローンサービスを提供していますが、その中でも無利息サービスは人気が高くてお得と言えるものです。

カードローンを利用すれば、業者が指定した設定の金利に沿った利息払いが必要となり、借金において利息をいかに小さく完済させるかは大きなポイントとなります。

カードローンの無利息サービスを利用すると、この利息負担がゼロになりますから、これは借金を行う側にとって大きすぎるメリットです。

無利息サービスには細かく制限設定があり、各業者によっても違ってきますから、有効活用したい場合は業者毎の特徴を知った上での利用が望ましいと言えます。

例えば初借入時だけ無利息サービスが有効適用され、二回目以降の利用では無利息サービスは使えないパターンもあり、定期的に無利息利用したいと希望する方のニーズには応える事が出来ないです。

もちろん何度目の利用でも無利息適用される業者もありますから、それを使いたい場合はサービス適用される業者を調べてから審査に挑む必要があります。

基本的には金額と日数に縛りがあり、5万円までなら180日間無利息であるとか、初回のみ30日間無利息、何度目の借入でも7日だけ無利息、こうした設定はチェックした上での利用が有効です。

プロミスのおとくくらぶについて

キャッシング業者というのは、近年お金を貸すだけが仕事というわけではありません。

例えば、プロミスは会員になった暁にはお得クラブというサービスを展開しています。

プロミスのおとくクラブの内容というのは国内外の施設約20万か所に割引サービスを手に入れることが可能となっているものです。

また、宿泊施設に行くときにも最大で80%も安く利用ができるものであります。

プロミスの会員なら年会費も無料でありますから、とても利用しやすいというわけです。

お金を借入するだけではなく、その他の言でも過ごしやすくできるということがあるので、生活面をより過ごしやすくするためにも

プロミスをキャッシング業者として選ぶのはありなのです。

年末年始の新規申し込みは休業日と営業時間に注意!

年末年始は、何かと現金出費が多い時期です。

急な出費に対応できる消費者金融のカードローンでも、数少ない休業日となり、急な借り入れが出来ないタイミングです。

無人契約機による申し込みは、元々、営業時間が決まっており、いつでも申し込み出来ないものですが、インターネットからの申し込みは別です。

ですが、インターネットから申し込み受付も休業や営業時間が異なり、事前に申し込みを済ませ、無人契約機でローンカードの受け取るという方法には注意が必要です。

休業日がある分、審査順番待ちとなるため、急いでいる時は審査順番が優先される無人契約機を活用するのが重要なポイントになります。

また、今年は銀行の営業日も12/29までとなるため、振込融資を希望する場合はタイミングが悪い状況であるため、キャッシングを利用する可能性にある方は早い段階で申し込みを済ませ、ローンカードを受け取っておくのがおすすめです。

質屋での審査スピードの影響について

質屋の審査時間というのは、キャッシングに比べても基本的にかなり早いことが多く、すぐに借入をすることが出来るレベルでしたら抜群の早さです。
通常なら30分以内には融資までこぎつけるほどであります。

ただ、品物によっては時間というのは遅くなるケースもあります。
例えば貴金属というのは、他の商品に比べると真贋を判断することが出来るまでに時間がかかりますので時間がかかる分はどうしても判断が遅くなってしまいます。
また、物品の数が多くなってくるとやはりその分は時間がかかってしまうのはやむをえないという側面は否定できません。
お店によっては、あまり取り扱っていない商品があったり鑑定士によって商品の見分けについて経験や専門分野が違ってくるようなケースもあります。
そういったところによって、審査時間に差があったりするだけではなく、借入できる金額もちょっと影響が出てくる面があります。

逆にさらに早くなる方法としては鑑定書が着いているのがいいです。鑑定書が着いてれば、その商品の価値はわかりやすいですからすぐに商品の査定から借入までできると思います。
審査時間をなるべく早めに短縮して借入をしたいときには、お店の情報の町彩や品数など工夫をしておきましょう。